概要

名称 

本会の名称は横須賀青年八日会といい、事務局を事務局長所在地に置く。

設立

昭和54年1月

目的

本会は会員相互の理性・教養・勤勉・愛情のもとに情報交換と経営研究を行い、その健全なる発展をはかり併せて地域経済の発展に寄与することを目的とする。

会員資格

本会員は次の資格を有するものでなければならない
(1)地域社会に貢献し、信用ある事業を営む者。又はそれに準ずる者。
(2)本会の主旨に協力賛同し会費を支払うものとする。
(3)原則として同一業種3名以内とする。
その他横須賀青年八日会会則による。
会員数 52名(2017.1)
例会数 年間12回(毎月8日)その他大縄跳び大会15回(2018.1予定)

執行部

会長1名 副会長2名幹事長1名 事務局長1名
幹事5名以上10名以内会計監査1名 特別会員若干名

八日会の歴史~主な講演者・イベント~

1979.1.8 (昭和54年)横須賀青年八日会発足 会員数4名
1982.1.8 第一回総会にて組織化を図る 会員数25名
1983.2 衆議院議員 野末陳平氏 招聘
1984.10 アントニオ猪木氏 招聘「男のロマン」語る
1985.10.5 周年記念講演 江夏豊氏 招聘
1989.10.31 10周年記念式典及び記念講演 ノーベル化学賞受賞 福井謙一氏 「自然と人生を考える」 会員数56名
1994 北海道池田町「池田町ワイン祭り参加」地元商工会との交流会
1998.9.27 映画「人間の翼」上映会開催
1999.6.8 横須賀商工会議所青年部との合同例会
2000.7.31 20周年記念事業プレイベント「ミレニアムパフォーマンス」開催
2003.8.2 よこすか開国祭 大縄跳び大会 開催 参加チーム11(小・中)
2004.9.12 第二回大縄跳び大会 開催 参加チーム19(小・中)
2005.5.8 第三回大縄跳び大会 開催 参加チーム23(小・中)
2005.6.8 横須賀商工会議所青年部 合同例会
2006.9.30 第四回大縄跳び大会(市制100周年プレ大会)開催 参加チーム34(小・中)
2007.9.16 第五回大縄跳び大会(市制100周年サブイベント)開催 参加チーム47(小・中)
2008.7.12 30周年記念式典・後援会 元内閣総理大臣 小泉純一郎氏
2011.3.13 横須賀市内でいち早く駅頭にて東北震災義捐金活動を行う
2011.4.6 宮城県気仙沼小泉築地区へ物資提供と1200食分の横須賀海軍カレーの炊き出しを行う
2011.6.4 第一回Save The Beach in 横須賀に参画 開催日同年9.23
2012.9.1 青年団体交流会(法人会青年部会)にて被災地へのチャリティー後援会を提案・企画・運営 会場ベイサイドポケット
2013.11.8 自転車で7年半をかけて世界一周 石田ゆうすけ氏講演会
2012.7.8~9 群馬県八ッ場村へ八ッ場ダム視察旅行例会開催
2012.11.9~11 宮城県南三陸へ被災地支援活動例会開催
2014.7.7~8 福島県及び宮城県女川に震災復興状況視察例会開催
2016.7.7~8 熊本県&鹿児島県へ熊本地震被災地と知覧特攻平和会館視察例会開催

会則

1.名称

本会の名称は横須賀青年八日会といい、事務局を事務局長所在地に置く。

2.目的

本会は会員相互の理性・教養・勤勉・愛情のもとに情報交換と経営研究を行い、その健全なる発展をはかり併せて地域経済の発展に寄与することを目的とする。

3.会員資格

本会員は次の資格を有するものでなければならない。

(1)地域社会に貢献し、信用ある事業を営む者。又はそれに準ずる者。
(2)本会の主旨に協力賛同し会費を支払うものとする。
(3)原則として同一業種3名以内とする。

4.会の事業

本会は次の事業を行う。

(1)経営者育成の為の研究。
(2)会員の家族・従業員間の相互親睦を目的とした各種行事の開催。
(3)望ましい地域開発と提言。

5.会費及び入会金

(1)会員の会費は月額8、000円とする。(徴収方法は、金融機関による自動振替方法とし、引き落とし日は毎月6日とする。これによらないものは半期分を前紊する。)
(2)中途退会者に対しては、未紊会費を徴収し、概紊会費の返却は行わない。
(3)中途退会者の会費は月割とする。
(4)入会金は30、000円とし、入会が承認された時に支払う。

6.役員並びに職務

(1)役員の構成は次による。
会長1名 副会長2名 幹事長1名 事務局長1名 幹事5名以上10名以内 会計監査1名 特別会員若干名
(2)役員の職務は次の通りとする。
・会長は会を代表し、会務を統括する。
・副会長は会長を補佐する。
・幹事長は幹事会を開催し運営する。
・事務局長は事務局の維持管理及び事務全般を統括する。
・幹事は本会務を企画・運営する。
・事務局は本会の会計及び議事録並びに広報を作成する。
・会計監査は総会で行う。
(3)役員の選出及び任期
・会長は会員の相選による。
・幹事は会長の指名による。
・副会長・幹事長・事務局長は幹事会において選出される。
・事務局員は事務局長が指名し幹事会の承認を得る。
・顧問は幹事会の推薦による。
・各役員の任期は1年とし、再選を防げない。
・役員に欠員を生じた時は会長の指名により幹事会の承認を得て決定する。

7.総会

(1)総会は全会員を以て構成し、本会の最高決議機関とする。
(2)総会の定足数は構成員の3分の2の出席(委任状を含む)を必要とし決議は出席者の過半数をもってこれを決する。
(3)総会は定時総会(毎年2月及び12月)と臨時総会とする。臨時総会は幹事会が必要と認めた場合、会長が召集する。
(4)総会の通知は7日以前に発しなければならない。

8.幹事会

幹事会は会長・副会長・事務局長・幹事・特別会員で構成し本会の円滑な進行かつ正常な本会の運営を月1回審議する。

9.三役会

(1)緊急を要する動機が生じた場合は三役会において決議を行うことができる。ただし後日幹事会への報告をする。
(2)三役会は会長・副会長・幹事長・事務局長で構成される。

10.入会規定

本会へ入会を希望する者は、会則3の会員資格を有し、最低3ヶ月に2回以上オブザーバー出席を原則として、会員1名以上の推薦及び申込書・趣意書を幹事会に提出し幹事会の認証を得るものとする。

11.休会

休会期間は1ヶ月以内とし理由書を会長に提出し、幹事会が適当と認めた場合承認されたその期間の会費は、2、500円減額するものとし差額は年末に返却する。

12.退会

次の各号に該当したときは退会とする。

(1)会員が退会の申し出をし、幹事会で受理されたとき。
(2)会費の紊入が3ヶ月滞紊の場合は退会勧告をする。6ヶ月滞紊は自動的に退会とする。
(3)本会の主旨に反する行為があり、幹事会がその必要を認めたとき。

13.会則の改正

この会則は総会において出席者の過半数の決議のよって改正することができる。

14.付則

この会則は平成11年2月8日定時総会において改訂された。この会則は平成11年2月8日定時総会において改訂された。